※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。  

2023年12月14日に日本テレビ系列で放送された、秘密のケンミンSHOW。

今回は、沖縄グルメ『魚のバター焼き』

沖縄県民が熱愛する、ご飯が進む魚のバター焼き!

  • 尾頭付きの魚1尾が鉄板に⁉
  • たっぷりのニンニクが食欲をそそる
  • 沖縄県内の提供店舗は100店以上

でも、なんのお魚か分からない!?
不思議な沖縄グルメと、お取り寄せできる沖縄産の鮮魚を紹介します。

さらに、鹿児島県の名字事情&愛媛、山口、福岡の絶品タイパ飯も紹介します。

ご当地グルメが気になる人は、チェックしてください。

 

スポンサーリンク

沖縄グルメの魚バター焼き

沖縄ケンミン熱愛のご飯が止まらない「魚のバター焼き」
でも何の魚か分からない!?

魚1尾丸々を鉄板でジュージュー!
ニンニクが食欲そそる絶品グルメです。

沖縄「魚のバター焼き」を紹介します。

沖縄の魚のバター焼きの魅力

魚のバター焼きの味わいは…

  • 魚のステーキのような感じ。
  • バターとのバランスがいい!
  • ご飯がすすむ味。

でも、実際に食べてる人たちは、何のお魚か分からないそうです。

沖縄の魚のバター焼きの定義は…

白身魚なら、なんでもOK!
淡白な沖縄の魚に合います。

だから、お店によっては何種類かお魚を用意しています。
(魚の種類の指定はできません)

だから、お店によっては何種類かお魚を用意しています。
(魚の種類の指定はできません)
 

また、マーガリンで作るお店もあります。
バターだと、塩味が強すぎるからだそうです。

沖縄で魚のバター焼きを提供しているお店の約3割はバターを使用しています。

他にも、バターとマーガリンを混ぜて作るお店もあります。
 

この魚のバター焼きは、発祥は不明ですが…
戦後アメリカからバターやマーガリンがもたらされて誕生したと考えられてます。
淡白な沖縄の近海魚を美味しく食べる方法として定着しました。

通販で人気の沖縄産の鮮魚

お取り寄せ通販で人気の沖縄産の鮮魚を紹介します。

ぜひ、自宅で魚のバター焼きを作ってみましょう。

グルクン(タカサゴ)

沖縄で1番メジャーなお魚!

魚のバター焼きは絶品です。
他にも、唐揚げやお刺身にも。

約1kg(5~8匹)

おまかせ沖縄鮮魚セット2kg(2~3種類)

魚はおまかせセットです。
刺身はもとより煮ても焼いてもおいしくいただけます。

発送日当日に、セリ市場で新鮮な魚を仕入れて、直送しています。

だから、超新鮮!

沖縄を代表する鮮魚数種を同梱して届きます。

 

スポンサーリンク

注文してすぐ料理が出てくる絶品グルメ対決!

ビックリするぐらい、早く提供してくれるタイムパフォーマンスのいいタイパ飯

「速い!」「うまい!」愛媛の人気飯vs山口うどんvs福岡ハンバーグ
それぞれの魅力を紹介します。

どのお店も驚異的なスピードで提供してくれます。

愛媛県の焼豚玉子飯

焼豚玉子飯:900円

中華料理の賄い飯から始まったアイデア料理
焼豚玉子飯は、ご飯の上に、チャーシューと焼いた目玉焼きが乗っています
そしてチャーシューの煮汁を使ったタレがかかっています。
お店ごとにそこに醤油、砂糖、お酒が入るなど、少しずつ味わいが変わります。

「2017 ⻄日本 B-1 グランプリin明石」で優勝し、有名になりました。

提供スピードは、56.23秒!

山口県のうどんのどんどん

だしにも麺のゆで加減にもこだわった、おうどん
契約農家さんに作っていただくネギは入れ放題です。

うどんが一番おいしいのは、生麺をたっぷりのお湯で茹で上げた釜揚げの状態
生麺の茹で時間は、およそ15分
美味しいうどんを召し上がって頂くために、必ず必要な時間です。

カラフルな食券を使う理由、それは商品をスピード提供するためです。
食券はお客様にお渡しすると同時に、厨房にも渡します。

どんどんのスタッフは全員が食券の色と形を見れば、何のメニューか分かります。
そのため、厨房のどこにいても速やかに調理に取り掛かれるます。

提供スピードは、37.52秒!

うどんのどんどんのお取り寄せはコチラから

ミスタージョージのハンバーグ

「自分が満足するのではなくお客様が満足して当たり前。今度はお客様に満足してもらいたい。」

そんな想いから子供からお年寄りまで、いつでも誰もが、そして気軽に食べられるおいしい物をと考え、お箸で食べられるハンバーグを作り上げました。

・ソースは和風玉ねぎベースのあっさりとしたサワヤカソース
・照り焼き醤油ベースでとろっとした甘めのヤキニクソース
など計7種類の中からお好みのソースを選びます

駐車場に車が入った段階で、車の中をチェックし、何人来店するか予想。
下準備したハンバーグを焼き始めるそうです。

提供スピードは、13.47秒!

 

スポンサーリンク

鹿児島には珍しい漢字3文字の名字が多い理由

日本人の名字といえば、漢字2文字が多いイメージ。
ですが、鹿児島県では、漢字3文字の名字が多いらしい!?

それも、他県では聞きなれない不思議な3文字名字もたくさんあるそうです。
芸能人でも、上白石や北別府、本仮屋など。

そんな“3文字名字”王国の秘密!
鹿児島県民の3文字名字の謎に迫ります。

鹿児島県民の3文字名字の由来

苗字の多くは、地名に由来します。
713年、奈良時代に元明天皇が地名を漢字2文字で表すように命じたのが、始まりです。

鹿児島の3文字苗字は、ある法則があります

中村・山田など、2文字が普通の苗字に、上・中・下・古・新など、1文字加えて3文字になります。

上+白石=上白石
北+別府=北別府
本+仮屋=本仮屋
上+山田=上山田
上+堂園=上堂園
上+小鶴=上小鶴
中+木原=中木原
上+木原=上木原
上+尾崎=上尾崎
下+尾崎=下尾崎
大+田中=大田中
など。

 

他の県にはない、3文字の変わった苗字の由来は…

同じ苗字を避けるために、地名に一文字足した3文字苗字が始まりました。

鹿児島県の判子屋さんでは、3文字苗字がズラッと並んでいます。

 

まとめ

12月14日に放送された、秘密のケンミンSHOW。

今回は、沖縄ケンミンが絶賛する魚のバター焼きと、速くて旨い、タイパ飯を紹介しました。

魚のバター焼きは、沖縄ではメジャーな調理方法で、ご飯によく合います。
絶品なので、お取り寄せでお魚をゲットして、ぜひ!
作ってみてください。
 

愛媛、山口、福岡のタイムパフォーマンスのいいタイパ飯も、ぜひ!
どれも絶品なので、近くに行った時に、食べてみてください。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事