※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。  

2024年2月5日にテレビ朝日系列で放送された、帰れマンデー10万円でできるかな。

その中で紹介されたヨガインストラクター西林さきさんの「10分で腰痛改善が期待できるストレッチの方法」で、

実際に試したサンドウィッチマン伊達さんは、脚の長さが+2.5cmの結果になりました。

そんなストレッチ方法を今回紹介します。

自宅で簡単にできるので、ぜひ試してみてください。
 

実際に試してみた感想
最後のまとめのなかに、西林さきさんのYouTubeの動画もありますので、
分かりにくい人は、動画を見ながら10分ストレッチをしてみましょう。

 

スポンサーリンク

10分ストレッチ

脚の長さがたった10分で脚が伸びる!?
腰痛が改善された!?

正しいストレッチをすると…

  • 腰痛
  • むくみ
  • 下腹ぽっこり
  • 冷え性
  • 今より足長に

これらが期待できます。

それも、たった10分!
自宅で手軽にできます。

インストラクター(西林さきさん)紹介

美しい「姿勢」「体型」を作るプロ!
今注目のヨガインストラクターの西林 さきさん

YouTube総再生数3.300万回以上。
ヨガほぐしストレッチの本も出しています。

キスマイ千賀さんの検証結果

 

事前に試した、キスマイ千賀さんの検証結果を紹介します。

千賀さんの足の長さを計測
かかとからお尻の付け根までが足とします。

74.7cm
10分でどれくらい伸びるのか?

結果は、
74.7cm +2.3cm

脚を伸ばすポイント

  1. お尻
  2. 股関節
  3. 太もも

まずは、ヒップアップ!

お尻のストレッチのポイント

加齢・運動不足(デスクワーク)などが原因で、お尻自体がたるみます。

なので、お尻の筋肉をほぐして、引き上げる!

お尻の位置が上がる➡脚が長くなる

お尻をしっかり使えるようにすると、腰痛改善にも繋がります。

 

股関節のストレッチのポイント

股関節の詰まりをほぐす

元々、股関節は詰まりやすく、詰まりをほぐすことで…
脚長効果が期待できます。
 

さらに、傾きがちな股関節が、正しい位置に戻ることで、下腹ぽっっこりの改善も期待できます。

股関節を調えると全身の姿勢が良くなります。

身体が、整っていきます。

太もものストレッチのポイント

太ももの筋肉をほぐす

体積の大きいももをほぐすことで、筋肉が伸び、お尻の位置が押し上げられ、ヒップアップになります。

さらに、血流がよくなることによって、むくみの解消や脚痩せ効果が期待できます。

 

スポンサーリンク

10分ストレッチの方法

 

  1. 椅子に座って、右足を両腕で抱え、胸に近づけて左右に大きく揺らします。

    (できるだけ、上げた足のかかとを自分の方に近づけます。)
    左右30秒ずつ

    ※腕で片足を上げれない人は、かかとを太ももに乗せて揺らすだけでもOK!


    無理のない範囲で行いましょう。
  2. 脚を曲げて、膝下を椅子の上に置きます。

    膝とかかとを直線に。
    反対の脚は伸ばします。

    この時に、無理のない範囲で、伸ばしている脚を後ろに引いていきます。

    このまま上半身を上下に揺らします。
    ※腰は丸まらないようにしましょう。
  3. 膝立ちの状態から、片脚を前に出します。
    両手を前足におき、前足に体重をのせていきます。

    伸ばしている側の腕を揚げ、上半身を傾けます。

    左右30秒ずつ。
  4. 両手を前につき、前脚のつま先を外向きに。
    後ろ脚を、つま先立ちにして、床から膝を浮かせます。

    この状態で、お尻を左右に揺らします。

    ※体が柔らかい人は、肘をつけて行うとさらに効果的です。

    左右30秒ずつ。
  5. 膝立ちになり、片脚を真横に出します。

    後ろ脚は、つま先立ちにし、手を前につき、上半身を倒し、お尻は上向きに。

    そのままお尻をかかとの方向に、引いていき、戻します。
    お尻を前後に動かし、内ももを伸ばします。
    左右30秒ずつ。
  6. 片脚は外向きに曲げ。座ります。

    反対の脚裏を掴み、上に持ち上げ伸ばします。

    ※足首をしっかり曲げることを意識することで、かかとを遠くに蹴るようにすると、膝が曲がっていても、もも裏が伸びます。
    ※身体が硬くても無理せず上がる高さでOK!

    左右30秒ずつ。
  7. 床に座り、お尻だけで前に進みます。

    この動きを20秒。
  8. 立った状態で、片脚を前後にブラブラ揺らします。

    ※力を抜いた状態でするのがポイントです。
    残りの時間で左右行います。

10分ストレッチの結果

サンドウィッチマン伊達さんの脚の長さ、72.9cm

10分ストレッチ後に計測すると、75.4cm +2.5cm

そして、朝から腰が痛かったのが、今はないそうです。
腰痛がなくなり、身体が軽く感じるそうです。
 

年齢が異なる男女10人が検証!

最低でも+0.1cm
一番伸びた人で、74.3cm➡76cm +1.7cm

検証した全員が、脚が伸びました!

 

あわせて読みたい記事

 

スポンサーリンク

10分ストレッチを試した感想

父親(62歳)に実際にやってもらいました。

体の悩み:腰痛・右の股関節が痛む・太ももの裏が万年筋肉痛・膝の裏が痛い・ふくらはぎが張るなど。
腰から下の下半身を中心に痛みに悩んでいます。

前回の10分ストレッチでは、肩凝りがマシになったようで…
今回は素直にストレッチしてくれました。

  • 1日目:要領がつかめず、10分以上かかったそうです。
    ですが、腰の痛みがやわらいだそうです。
  • 3日目:少しずつ10分ストレッチに慣れてきたそうです。
    ストレッチをすると、腰・股関節を中心に痛みがマシになったそうです。
  • 7日目:1週間続けると慣れてスムーズにストレッチできるようになったそうです。
    腰と股関節だけでなく、ももの裏・ひざ裏の痛みがマシになってきたそうです。

62歳と還暦が過ぎた父でも、10分ストレッチの効果を実感しています。
脚の長さには、今さら興味ないようですが…
長年悩んでいた、下半身の痛みがマシになってきて本人も喜んでいます。

私も10分ストレッチを紹介して良かったな。と実感しています。

自分で、ストレッチをするのはもちろん!
大切な人の健康のためにも、1日10分で自宅で簡単にできるストレッチを紹介してみましょう。

少しでも、健康に長生きしてほしいですね。

 

まとめ

実際に骨が伸びているわけではなく、関節や筋肉をほぐして、脚を延ばす手段です。
時間が経つと、脚の長さは戻ってしまいます。

維持するために、継続的に10分ストレッチを行いましょう。

 

分かりにくかった人は、インストラクター 西林さきさんのYouTubeチャンネル『さきヨガちゃんねる』もあるので、動画を見ながらストレッチをしてみてください。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事