※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。  

2023年11月25日に日本テレビ系列で放送された、満天☆青空レストラン。

今回の食材は、高知県のエガニ

ぷりっぷりの身と今の時期しか食べられない濃厚な卵。

そんなエガニのお取り寄せとエガニの絶品レシピをまとめて紹介します。

カニの旨味あふれる贅沢フルコースをぜひ!
自宅で堪能しましょう。

 

スポンサーリンク

エガニとは

エガニは、高知県をはじめとする日本の一部地域で見られるカニの一種です。

汽水(海水と淡水が混ざり合う水域)を好むカニです。
ハサミが大きく、身が引き締まってるのが特徴です。

このエガニは、特に高知県の沿岸部でよく知られており、地元の料理や文化において重要な役割を果たしています。

エガニの魅力

  • 独特の味わいと食感
    エガニはその独特の風味と食感で知られています。
    肉質は柔らかく、繊細な甘みが特徴です。
    高知県では、エガニを使った様々な料理が楽しめます。
  • 地域料理との結びつき
    エガニは高知県の伝統的な料理に欠かせない食材の一つです。
    エガニを使った鍋料理や、エガニの味噌汁、エガニの刺身など、地元ならではの料理があります。
  • 季節の楽しみ
    エガニは特定の季節にしか捕れないため、その時期になると地元の人々にとって特別な楽しみとなります。
    旬の時期に食べるエガニは、格別の味わいがあります。
  • 地域経済への貢献
    エガニ漁は地域の漁業にとって重要な収入源の一つであり、地域経済に貢献しています。
    また、観光客を惹きつける要素としても重要です。
  • 文化的な意味合い
    地元の祭りや行事でエガニが使われることもあり、地域の文化や伝統に深く根ざしています。

エガニの注意点

  • 持続可能な漁業
    エガニの人気が高まるにつれて、持続可能な漁業の重要性が高まっています。
    資源の保護と環境への配慮が求められています。
  • 季節性
    エガニは季節限定の食材であるため、その時期にしか楽しむことができません。

高知県のエガニは、その独特の味わいと地域文化に根付いていて、多くの人々に愛されています。
これらの魅力が、高知県を訪れる多くの観光客にとっての魅力的な体験の一つとなっています。

 

スポンサーリンク

通販で人気のエガニ

お取り寄せ通販で手に入るエガニを紹介します。

ふるさと納税~エガニ 高知市産

ふるさと納税です。

七つの川が流れ込む「美しい山色の海、浦戸湾」で育ったエガニをお届け。

初夏から晩秋にかけては雄の夏エガニ、冬には子持ちエガニが抜群に美味しくなります

ご当地グルメナンバー1を決定する「火曜サプライズ」内で評価をいただき、土佐の廣丸の「エガニ」が日本一に輝きました。

日本一の「エガニ」を是非ともご堪能下さい。
日本酒、ビール進みます。

 

スポンサーリンク

エガニのレシピまとめ

番組内で紹介された、エガニを堪能できる贅沢フルコースのレシピをまとめて紹介します。

ぜひ、作ってみてください。

蒸しエガニのレシピ

蒸し器に、お腹を上にしたエガニを入れ、塩をふります。
30分、蒸します。
取り出して、盛り付ければ完成です。

エガニ汁のレシピ

材料
  • エガニ(メス):生1杯
  • つくねいも(すりおろし):大さじ1
  • 水:1200cc
  • だし醤油:大さじ4程度
  • 塩:少々
  • 水菜:適量

エガニ汁の作り方

  1. エガニをさばきます。爪はハンマーなどで割り、胴は適当な大きさに切ります。水菜は4~5cm長さに切ります。
  2. 鍋に1200CCの水を沸かしてカニをサッとゆで、濾してカニと茹で汁に分けます。
  3. カニの爪は飾り用で残しておきます。身は殻から取り出し、すり鉢ですります。カニ味噌と内子、つくねいもと塩を合わせ、よくすり合わせます。
  4. 鍋に茹で汁を戻して沸かし、だし醤油と塩を入れ、沸騰しないくらいの火加減に調整すします。
  5. 鍋に3を一口大に丸めて入れます。(崩れやすいので、汁は沸かさず、団子はなるべく触らない)
  6. 火が通ったら、爪と水菜を入れて完成です。

エガニのグラタンのレシピ

材料
  • エガニ 蒸し:1杯
  • 玉ネギ:1/2個
  • バター:40g
  • 薄力粉:40g
  • 牛乳:400cc
  • エガニを蒸した際に出る汁:50cc
  • 塩:小さじ1/2
  • こしょう:少々
  • ピザチーズ:適量
  • 粉チーズ:適量
  • パセリ:適量

エガニグラタンの作り方

  1. エガニは耐熱皿に乗せ、甲羅を下にして蒸し器で蒸します。(大きさにより30~40分程度)
  2. 蒸し汁は残しておき、エガニをさばき、身をほぐします。カニ味噌は別にしておきます。
  3. 玉ねぎは薄切りに、パセリは刻みます。
  4. フライパンにバターを入れて火にかけ、玉ネギと塩を藩領入れて炒めます。
  5. しんなりしてきたら薄力粉をふり入れ、粉っぽくなくなるまで炒めます。
  6. 一旦火を止め、混ぜながら牛乳を少しずつ混ぜ合わせます。
  7. 再度火にかけて混ぜながら温めます。
  8. とろみがついてきたらカニを蒸した際に出た汁、カニ味噌、塩、こしょうを入れて混ぜ合わせ、火を止めます。
  9. カニの甲羅、もしくはグラタン皿に8を入れ、カニの身をトッピングし、ピザチーズと粉チーズを乗せます。
  10. 予熱したオーブントースターで色付くまで焼きます。(8~10分程度)
  11. パセリをちらして、完成です。

エガニのチリクラブのレシピ

材料
  • エガニ(メス):生1杯
  • 玉ネギ:1/2個
  • にんにく:2片
  • しょうが:にんにくと同量程度
  • 豆板醤:小さじ1/2
  • 鶏ガラスープ:220cc
  • ホールトマト缶(汁込み):200g
  • ケチャップ:大さじ2
  • 醤油:大さじ1
  • スイートチリソース:50g
  • サラダ油:大さじ1
  • 水溶き片栗粉:少々
  • パクチー (飾り):適量

エガニのチリクラブの作り方

  1. エガニをさばきます。銅と足は適当な大きさに切り、爪はハンマーなどで叩いて割ります。カニ味噌は甲羅から出します。
  2. 玉ねぎ、にんにく、しょうがはそれぞれみじん切りにします。トマト缶とパクチーは刻んでおきます。
  3. 大きめのフライパンにサラダ油、にんにく、しょうが、豆板醤を入れて火にかけ、香りが出てきたら玉ネギを炒めます。
  4. カニと甲羅を入れて炒め、トマト缶、ケチャップ、醤油、スイートチリ、カニ味噌とガラスープを加え、フタをして8~10分程煮ます。(カニの大きさによる)
  5. カニに火が通ったら、水溶き片栗粉でとろみを付け、火を止めます。
  6. お皿に盛り付け、パクチーを乗せて完成です。

エガニの絶品ペペロンチーノのレシピ

材料
  • エガニ 蒸し:1杯
  • エガニを蒸した際に出る汁:200cc(足りなければパスタのゆで汁を合わせる)
  • パスタ(スパゲッティ):300g
  • にんにく:4片
  • 鷹の爪(輪切り):2本分
  • 塩:適量
  • オリーブオイル:適量
  • ゆず:適量
  • イタリアンパセリ:適量

エガニの絶品ペペロンチーノの作り方

  1. エガニは耐熱皿に乗せ、甲羅を下にして蒸し器で蒸します。(大きさにより30~40分程度)
  2. エガニをさばきます。爪はハンマーなどで割り、飾り用にとっておいおきます。身は殻から取り出し、カニ味噌は別に取り出します。
  3. パスタを茹で始めます。
  4. フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて火にかけます。
  5. 香りが出てきたら蒸し汁を入れて乳化させ、一旦日を止めます。
  6. パスタが茹であがる30秒前に再度火にかけ、カニ味噌を混ぜ合わせ、パスタを加えます。
  7. カニの身を加え、塩で味をととのえます。
  8. お皿に盛り付けてカニ爪を乗せ、ゆず皮をふりかける。イタリアンパセリを添えて完成です。

 

まとめ

11月25日に放送された、満天☆青空レストラン。

今回は、高知県のエガニ

エガニのお取り寄せと絶品レシピをまとめて紹介しました。

エガニは、ぷりっぷりで柔らかく、繊細な甘みが特徴です。
今の時期は、濃厚な卵もあるので、ぜひ自宅で美味しいエガニを堪能しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事