スポンサーリンク


爪を噛むと、爪の先がガタガタになって、服に引っかかったり、見た目が悪くなったりして嫌ですよね。深爪をして、指先に痛みを感じると物を持ち上げたり、掴めなくなったりします。

また、子どもが指先に痛みを感じると、鉛筆や箸を上手に持てなくなることも。
でも「爪を噛むのは良くない」と思っていても、爪を噛む癖はなかなか直らないもの。

私は幼少期から20代前半まで爪を噛んでいました。
また、私の子どもは現在3歳6ヶ月ですが、3歳になる直前まで爪を噛んでいました。

爪を噛む理由と癖を直す方法、おすすめのアイテムを紹介します。

爪を噛む癖に悩んでいる方、爪を伸ばしたい方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

第一章:爪を噛む理由


何故、大人も子どもも爪を噛んでしまうのでしょうか。

子供が爪を噛む理由
・指しゃぶりを上手に卒業できなかった
(指しゃぶりを卒業する心の準備ができていないのに、無理やり、強制的にやめさせられた)
・爪を噛むこと以外に、ストレスのはけ口がなかった
など
大人が爪を噛む理由
・子どもの頃から爪を噛み続けていて、その癖がずっと続いている
・爪を噛むこと以外に、ストレスのはけ口がない
・手持ち無沙汰

など

爪を噛むのをやめたいなら、まずは、何故爪を噛むのか理由を探ってみましょう

スポンサーリンク

第二章:爪を噛む癖を治す方法


「爪を噛まない!」と決意しても、癖は簡単には治りません。
では、どのように、爪を噛む癖を治せばいいのでしょうか。

癖を直すには3つの手順があります。

爪を噛む3つの手順

1.爪を伸ばす目的を明確にする

爪を噛む癖を治すことは、喫煙者が禁煙するのと同じぐらい大変です。
爪を噛んでいる期間が長ければ長いほど、忍耐力が必要になります。

なんとなく「爪を伸ばそう」と思うだけでは、癖は治りません。
何故爪を伸ばしたいのか、爪を伸ばす目的を明確にしましょう

2.爪を伸ばす期限を決める

目標に期限はつきものです。

バレンタインデーやクリスマスにネイルアートをして、デートを楽しみたい。
子どもの七五三にネイルアートをして、写真撮影をしたい。

など「いつまでに」という期限を明確に決めてください。

個人差はありますが、爪は一日に0.1mm伸びるといわれています。
もし、爪を3mm伸ばしたいなら、期限を1ヶ月以上先に定めましょう。

3.爪を噛む理由を解決する

爪を噛む理由、爪を伸ばす目的を明確にし、期限を決めたら、あとは、爪を噛まないようにするだけです。

爪を噛む理由がストレス解消なら、爪を噛むこと以外のストレスのはけ口をみつけましょう。

欲しい物を買う、悩みや愚痴を信頼できる人に聞いてもらうなど、思いつくはけ口を試して、長く続けられそうなストレス解消法をみつけてください

ただし、飲酒や喫煙は身体に良くないのでおすすめしません。

また、「カラオケに行って、ストレスを解消していたけど、最近は控えている」という方もいらっしゃると思います。「だからといって、自宅で思いっきり歌うと、近所から苦情がきそう」という方には、車の中で思いっきり歌うのがおすすめ(笑)。
車の中で好きな音楽を流して、周囲を気にせずに歌いましょう。

手持ち無沙汰で爪を噛むなら、集中できる趣味をみつけるのが一番。
とはいってもDVD鑑賞など、手を動かさない趣味だと、癖で口に手をもっていってしまうかもしれません。

読書や料理、資格勉強など、手を動かす趣味がいいですね。

~私の体験談~
紹介したように、私には子どもの頃から爪を噛む癖がありました。

噛み始めたきっかけはよく覚えていません。

でも、学校や塾で授業を受けている時、テレビを見ている時、車に乗っている時など、集中している時や退屈な時に爪を噛んでいたように思います。

爪を噛む癖は社会人になっても治りませんでした。治るどころか、仕事が忙しく、ストレスがたまって、深爪がどんどんひどくなっていました。

その後「仕事は楽しいけど、忙しいからずっと続けられない」と考えて、残業があまりない会社に転職しました。

転職して間もない頃は、仕事になかなか慣れず、ストレスがたまりましたが、仕事に慣れると、ストレスがなくなりました。

また、同じ職場には、2週間に一度、ネイルサロンに通って、ネイルアートを楽しんでいる先輩社員がいました。

そして、綺麗な爪に憧れるようになりました。

「爪を伸ばして、私もネイルサロンに通う!」と決めたことをきっかけに、爪を噛む癖がなくなりました。

スポンサーリンク

第三章:爪を噛む癖を治すおすすめのアイテム


紹介したように、私の子どもは3歳になる直前まで、爪を噛んでいました。

大人であれば「これ以上噛むと、血が出る」と分かります。でも、子どもはそういうことを考えないので、どんどん深爪になっていました。

私も子どもの頃に爪を噛んでいただけに、子どもが爪を噛みたくなる気持ちも理解できました。

でも「子どもの健康に良くない」と思って、子どもの爪を噛む癖を治すことにしました。

私が子どもの爪を噛む癖を治すために使ったのは、
マヴァラ バイターストップN」です。


爪を噛む癖がある大人にも効果があると好評です。

子どもの誤飲防止に使われる苦味成分を使っているので、身体に害がありません
マニキュアと同じように爪に塗って、乾くまで放置すればOK。

マヴァラ バイターストップN の口コミ

もうすっかり癖は無くなりました
自分は16歳まで爪噛み癖を治すことが出来ませんでした。
爪を噛もうと思って噛んでいる訳ではなく、気がついたら噛んでしまっているという状況でした。

爪はボロボロ、とても見せれるような状態ではありませんでした。

この商品を付けてから数ヶ月ですが、もうすっかり癖は無くなりました。

Amazonより
苦い!
めちゃめちゃ苦い。ただただ苦い。
噛みたく無くなります。

大胆に舐めたら悶絶すると思います。
小さい子供が泣くわけです。

この苦味は口に残ります。
唾では落とせません。
水を飲みましょう。

この商品のおかげで今のところ2週間爪を噛んでいません。
本当に感謝しています。

私の今の目標は爪切りで爪を切ることです。この調子で伸ばしていけたらと思っています。

Amazonより

私の体験談
子どもの爪に塗る前に、自分の爪に塗って軽く舐めてみましたが、めちゃくちゃ苦かったです。

ジュースを飲んで、お口直しをしても、苦味がしばらく残りました。子どもは泣いて、ガーゼで舌をぬぐっていました。お風呂に入ると、苦み成分が少し落ちてしまうので、定期的に塗り直す必要があります。私は三日に一度、塗り直していました。

ある日、子どもが「このマニキュアのせいで、爪が苦くなっているんだ」と気付きました。私がマニキュアを持つと、逃げ回るようになったので、子どもが寝ている間に塗り直しました。

子どもの爪を噛む癖は一ヶ月もしないうちに治りました。

マニキュアを塗らなくなって半年以上が経ちますが、爪を全く噛んでいません。爪はとても綺麗に伸びています。

ストレスのはけ口がみつからない、集中できる趣味がみつからない方はもちろん、はけ口や趣味をみつけても、爪を噛んでしまうのではないかと不安な方は、是非、試してみてください。

まとめ


爪を噛む理由と癖を直す方法、おすすめのアイテムを紹介しました。

爪を伸ばしたいなら、爪を噛む理由、爪を伸ばす目的を明確にし、期限を決めましょう。

爪が伸びると、ネイルアートを楽しんだり、缶ジュースを簡単に開けられるようになったりします。爪を噛む期間が長ければ長いほど、爪を噛む癖を治すのは大変です。

爪を噛む癖は早めに直してくださいね。


 

スポンサーリンク
おすすめの記事