スポンサーリンク


ベビー用品を見に行くと、赤ちゃん用洗剤が売られています。

赤ちゃんの服を一般的な洗濯用洗剤で洗ってはいけないのでしょうか?いつから、一般的な洗濯用洗剤で洗えるのでしょうか?

赤ちゃん用洗剤を使う理由、切り替える時期と注意点や工夫、おすすめの洗剤を紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃん用洗剤を使う理由


赤ちゃんの服を洗濯する時に、どうして赤ちゃん用洗剤を使う必要があるのでしょうか。

それは、一般的な洗濯用洗剤には、赤ちゃんの肌を刺激したり、成長を妨げたりする成分が含まれているからです。

具体的には、次のような成分が挙げられます。

蛍光増白剤

一般的な洗濯用洗剤には、蛍光増白剤という成分が含まれています。

漢字を読んで分かるとおり、蛍光増白剤は服を白くする働きがあります。服が白く見えると、汚れが落ちて、清潔に感じられます。

でも界面活性剤とは違って、蛍光増白剤はすすぎの工程を経ても、服から落ちないのが特徴。

つまり、一般的な洗濯用洗剤で服を洗うと、服に残った蛍光増白剤が赤ちゃんの肌を刺激してしまうんです。

界面活性剤

界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせて作られた成分。

繊維と繊維の間に入り込んで、服についた皮脂や食事の油など、なかなか落ちにくい汚れを落としやすくする働きがあります。

実は、界面活性剤は洗濯洗剤だけでなく、食器用洗剤やシャンプーなどにも含まれています。食器を洗うだけで手がピリピリしたり、荒れたりしたことはありませんか?界面活性剤は汚れを落としやすくする効果が高いです。

でも、その反面、繊維と繊維の間に入り込んだ界面活性剤が繊維に残って、肌を刺激してしまいます。私達の肌には皮脂膜というバリア機能があり、細菌が肌を通じて体内に入るのを防いでくれます。

でも、なんと、界面活性剤は皮脂膜をくぐり抜けて、肌を荒らしてしまうんです。大人の手でも荒れてしまう界面活性剤が含まれている一般的な洗濯用洗剤で、赤ちゃんの服を洗濯するとどうなると思いますか?

赤ちゃんの皮膚は、大人の皮膚の2分の1の薄さ。一般的な洗濯用洗剤で、赤ちゃんの服を洗濯して、万が一、界面活性剤が赤ちゃんの服に残ったら、赤ちゃんの肌が荒れてしまうおそれがあるんです。

界面活性剤は汚れを落とすのに必要な成分なので、赤ちゃん用洗剤にも含まれています。

でも、赤ちゃん用洗剤に含まれている界面活性剤は、一般的な洗濯用洗剤に含まれている量より少ないので、洗濯のすすぎの工程で、服から落ちやすくなっています。

人工香料

服についた汗臭さや体臭を香りで消してくれる香料。服からいい香りが漂うと、清潔感が増しますよね。

でも、五感がまだ発達していない赤ちゃんにとって、人工香料は臭覚の成長を妨げる成分です。赤ちゃんの服に、香りづけは不要。

もし、赤ちゃんの服に、どうしても香りづけしたいなら、人工香料ではなく、天然由来の自然香料が含まれた赤ちゃん用洗剤を選びましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃん用洗剤から一般的な洗濯用洗剤に切り替える時期


赤ちゃん用洗剤は、赤ちゃんが生まれてからすぐに使い始めます。

私は赤ちゃんの服を買ったら、赤ちゃんに着せる前に、赤ちゃん用洗剤を使って洗濯していました。

また、授乳中など、赤ちゃんの肌と触れる機会が多い時期は、自分の服も赤ちゃん用洗剤で洗濯していました。では、赤ちゃん用洗剤はいつまで使えばいいのでしょうか。

結論からいうと、赤ちゃん用洗剤をいつまで使うかという時期は決まっていません。

というのも、かぶれやすい、かぶれにくい、汗疹ができやすい、できにくいなど、赤ちゃんの肌の強さは、赤ちゃんによって異なるからです。

~私の体験談~
私は子どもが一歳を過ぎたら、一般的な洗濯用洗剤に切り替えて、大人の服と一緒に洗濯をしていました。一般的な洗濯用洗剤に切り替えても、子どもの肌が荒れるなど、トラブルはありませんでした。

肌が荒れやすい、かぶれやすい、汗疹ができやすいなど、肌の性質は人それぞれ。赤ちゃん用洗剤から一般的な洗濯用洗剤に切り替えたいなら、事前に、赤ちゃんの肌の性質を見極めておきましょう。

また、アトピーがひどい、アレルギーがあるなど、赤ちゃんの体質にあわせて、切り替える時期を考えるといいですよ。

「もうしばらく、赤ちゃん用洗剤を使って洗いたいけど、大人の服と赤ちゃんの服を分けて洗うのは疲れた」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、大人が着た服を一般的な洗濯用洗剤で洗って、赤ちゃんが着た服を赤ちゃん用洗剤で洗うとなると、洗濯を2回以上することになります。

洗濯する時間や洗濯物を干す手間が増えるだけでなく、洗濯に使う水の量が増えますよね。面倒であれば、赤ちゃん用洗剤で、大人の服と赤ちゃんの服を一緒に洗ってもかまいません。

大人の服の汚れがひどいと、赤ちゃんの服と一緒に洗うのは気が引けるなら、季節によって、分けて洗ったり、一緒に洗ったりしましょう。

我が家では、汗をかきやすい夏場は、大人の服と赤ちゃんの服を分けて洗濯し、それ以外の汗をかきにくい、かかない季節は、分けずに一緒に洗濯していました。

スポンサーリンク

赤ちゃん用洗剤から一般的な洗濯用洗剤に切り替える時の注意点と工夫


赤ちゃん用洗剤から一般的な洗濯用洗剤に切り替える時の注意点と工夫をみていきましょう。

赤ちゃん用洗剤から一般的な洗濯用洗剤に切り替える時の注意点

赤ちゃんの肌が強くても、赤ちゃん用洗剤から一般的な洗濯用洗剤に切り替えて、肌トラブルが起きないとは限りません。

一般的な洗濯用洗剤に切り替えた日は、肌をこまめにチェックしましょう。

万が一、肌トラブルが起きた場合に備えて、日曜日や祝日、お盆休みや年末年始など、小児科が休みの時期を避けて切り替えるといいですよ。

赤ちゃん用洗剤から一般的な洗濯用洗剤に切り替える時の工夫

一般的な洗濯用洗剤に切り替えたら、すすぎを念入りに行うようにしましょう。

先述したように、界面活性剤が服に残っていると、赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまいます。毎朝忙しいとは思いますが、20分程度で洗濯が終わるようなスピードモードではなく、普通モードや念入りモードで洗濯してください。

また、すすぎに使う水の量が少ないと、汚れはもちろん、界面活性剤も十分に落としきれません。

赤ちゃんの肌が強くなるまでは、規定の水の量よりも多めで洗濯するといいですよ。

規定の水の量よりも多く水を使うと、水道代が気になる方もいらっしゃると思います。

もし、水道代が気になるなら、洗濯で使う水に、お風呂の残り湯を利用してもかまいません。

お風呂の残り湯には、皮脂などの汚れが含まれているので、洗濯に使うには不衛生だと思われるかもしれませんが、実は、残り湯は洗濯に最適なんです。というのも、お湯は服の汚れを落としやすくしてくれるからです。

翌日、お風呂の残り湯を使って洗濯するのは、水温が冷たく、また、雑菌が繁殖しているため、おすすめできません。お風呂の残り湯を使って洗濯したいなら、残り湯が温かいうちに洗濯をし始めましょう。

ただし、すすぎには、残り湯ではなく、新しい水道水を使ってください。

すすぎに残り湯を使うと、残り湯に含まれている汚れなどが、服に付着したままになってしまいます。
 

おすすめの赤ちゃん用洗剤

 

我が家では、子どもが生まれてからずっと
arau. アラウベビー 洗濯用せっけん 本体」を使っています。

 

植物由来の成分で構成されているため、赤ちゃんの肌に安心して使えます。

そして、どのドラッグストアでも売っていて、時々、まとめ買い割引で安く手に入れられます。洗濯用洗剤は毎日使うもの。少しでもお得に手に入れたいですよね。

液体洗剤は重いので、通販で注文するのがおすすめです。ただでさえも忙しい子育て。重い物は通販で購入して、負担を減らしましょう。

アラウベビー 洗濯用せっけん 本体の口コミ

手荒れもしない!
もともと皮膚が弱い子供にスーパーで購入していました。
ラベンダーの香りにこっちも癒され、手洗いしている最中もそんなに手荒れしませんでした。
子供が大きくなるまで、しばらく使い続けようと思っています。
値段も他の無添加洗剤に比べると安いです。
Amazonより
自然な肌触りに、仕上がる!!
ほんのりいい香りが残り、ベビー服のかわいさ倍増です。
柔軟剤を使わなくてもパリパリせず、自然な肌触りに仕上がるので重宝してます。
最近の洗剤や柔軟剤は香りも仕上がりも不自然で気持ち悪かったので、自分の下着やTシャツもこちらの洗剤で一緒に洗濯しています。
Amazonより

まとめ


赤ちゃん用洗剤を使う理由、切り替える時期と注意点や工夫、おすすめの洗剤を紹介しました。
 

一般的な洗濯用洗剤には、赤ちゃんの肌を刺激したり、成長を妨げたりする成分が含まれています。

赤ちゃんの皮膚は、大人の皮膚の半分の薄さなので、一般的な洗濯用洗剤で赤ちゃんの服を洗濯すると、肌トラブルが起きるおそれがあります。

赤ちゃん用洗剤は、赤ちゃんが生まれてからすぐに使い始めますが、いつまで使うかという時期は決まっていません。

赤ちゃんの肌の性質や体質にあわせて、切り替える時期を考えましょう。

一般的な洗濯用洗剤に切り替えるなら、肌トラブルが起きた場合に備えて、小児科が休みの時期を避けて切り替えるといいですよ。

赤ちゃんの服を赤ちゃん用洗剤で洗濯して、大人の服を一般的な洗濯用洗剤で洗濯すると、手間が増えて大変ですが、これも赤ちゃんの肌を守るため。卒業の日が来る時までがんばりましょう。


 

スポンサーリンク
おすすめの記事