スポンサーリンク


「子どもと一緒にお風呂に入るから、湯船にゆっくり浸かれない」「お風呂を早く済ませて寝たい」など、入浴する時間を確保できない方が増えています。

中には、「夏はもちろん、他の季節でもシャワーで済ませている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに、入浴より優先したいこともあると思います。

でも、入浴には、身体や心にたくさんのメリットがあることをご存じですか?

また、入浴するメリットを高めるためには、入浴剤の正しい選び方を知ることも大事です。

入浴するメリットと目的別のおすすめの入浴剤を紹介します。

スポンサーリンク

入浴するメリット


入浴にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

入浴するメリット5つをみていきましょう。

身体の冷えを改善する

個人差はありますが、私達の体温は36度前後。
36度より高い湯船に浸かることで、身体の内部までしっかり温まります。

疲労を回復する

立っている時、座っている時、寝ている時など、私達の身体には重力がかかっています。
立っている時には足の裏で、座っている時にはお尻で、寝ている時には頭や肩、腰やお尻で、身体を支えています。

そんな私達の身体に重力がかからないのは、お風呂やプールなど、水に入っている時。
重力がかからない入浴タイムは、一日の中で、身体が一番リラックスできる時間なんです。

血行を促進する

お風呂やプールなど、水に入っている時には、水圧が身体にかかります。
水圧が身体にかかると聞くと「身体に悪いのでは」と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、身体が水圧を受けることによって、血行が促進されます。
血行が促進されると、身体にたまった老廃物を排出しやすくなります。

結果、むくみがとれたり、肌のキメが整ったりします。

睡眠の質が上がる

眠りにつく時、私達の体温は一時的に下がります。
入浴して体温が上がった後に、布団に入ると、体温が下がりやすくなり、自然と眠くなります。
「明日の朝は早いから、早く寝ないと!」と思っていたら、なかなか寝付けないという方はいらっしゃりませんか?

入浴して、身体をしっかり温めてから、布団に入れば、寝付きやすくなるかもしれません。

心がリラックスする

ストレスをためやすい私達は、自律神経が乱れがち。
自律神経が乱れると、免疫力が低下したり、腸の働きが悪くなって、便秘になったりしてしまいます。

でも、入浴して、身体を温めたり、身体に水圧をかけることによって、自律神経が整えられます。

自律神経を整えれば、免疫力が上がって、病気にかかりにくくなったり、便秘を改善したりできます。

スポンサーリンク

目的別のおすすめの入浴剤


入浴するメリットを知ると、シャワーで済ませていた方も、入浴したい気持ちが強まって来たのではないでしょうか。
入浴するメリットを高めたいなら、入浴剤を使いましょう。

目的別におすすめの入浴剤を紹介しますので、ご自身の悩みに合わせて、入浴剤を選んでください。

身体の冷えを改善したい

夏はもちろん、オシャレのために、冬でも薄着をしたり、肌を見せたりする女性は多いですよね。
毎日、肌を外気にさらしているうちに、身体が冷えやすくなっていませんか?

また、身体全体は温かいのに、手足の指先だけが冷たいという末端冷え性で悩む方も多いのではないでしょうか。
身体の冷えが気になる方には、粉末タイプの入浴剤がおすすめです。
粉末タイプの入浴剤は、お風呂から出た後も湯冷めしにくいです。

また、皮膚の表面にあるタンパク質と結合して、肌のバリア機能を高めてくれるミネラルがたくさん含まれています。
粉末タイプの入浴剤はドラッグストアで販売されているので、気軽に入浴剤デビューすることができますよ。

粉末タイプのおすすめの入浴剤は
露天湯めぐり 入浴剤」です。

お風呂に入る度に入浴剤を使うなら、その日の気分に合わせて、香りを変えたいですよね。
こちらの入浴剤は4種類の香りが入っているので、毎日のバスタイムが楽しみになります。

もちろん、温浴効果による冷え改善も期待できます。

露天湯めぐり 入浴剤の口コミ

手軽に試しやすい!
安価でしっかり体も温まっていい感じ。
何よりたくさん入ってるのでその日の気分によって変えられるのもいいですね。
Amazonより
楽しくホッとしたひと時に!
普段忙しい毎日を送っていて、ホッとくつろげる時は入浴の時だけという人も多いはずです。
この薬泉めぐりは、各地方の4種類の名湯の雰囲気が手軽に家庭で味わえて、入浴している時に楽しくホッとしたひと時を過ごせます。
Amazonより

疲労を回復したい

寝てもなかなか取れない疲れ。年齢を重ねると、なかなか寝付けなかったり、長時間寝られなくなったりしてます。

疲れを感じる方には、錠剤タイプの入浴剤がおすすめです。
錠剤タイプの入浴剤には、炭酸ガスが含まれています。

炭酸ガスが皮膚から体内に取り込まれると、血管が拡張して、血行が良くなります。
血行が良くなると、全身の新陳代謝が活発になり、疲労物質や老廃物が体外に排出されやすくなります。
入浴を終えても、効果はしばらく続くので、毎日入浴するうちに、疲れを回復できますよ。

錠剤タイプのおすすめの入浴剤は
バブ ゆず の香り」です。

入浴剤でおなじみのバブ。バブが長年愛されるのには理由があります。
入浴剤を販売し始めた1983年からずっと、炭酸力にこだわり続けているバブ。
湯船に入れるとゆっくり溶けるので、長時間にわたって、炭酸効果を感じられます。

また、炭酸の泡にも特徴があります。他の錠剤タイプの入浴剤に比べて、泡が細かいんです。
泡が細かければ細かいほど、泡が肌にしっかり密着し、疲労を取り除いてくれます。

肌と同じ弱酸性のため、肌が弱い赤ちゃんから大人まで、家族皆で使えるのも魅力の一つです。

バブ ゆず の香りの口コミ

体が芯まで温まる!
炭酸効果なのか?とにかく、湯上り後のぽかぽか感・持続力が他の色々試した入浴剤のなかでピカイチです☆
寒がり屋さんには、是非おすすめです。
体が芯まで温まり、よく眠れます♪
Amazonより
香りも好き!!
ゆず以外にも使用していますが、身体の温まり具合が違う気がします。
匂いも柑橘系の落ち着く匂いでゆずが一番落ち着くかも。
Amazonより

肩こりや腰痛を改善したい

気温の低い冬は、身体が冷えて、血流が悪くなるため、肩こりや腰痛になりやすいです。

また、寒く感じると、肩をすぼめてしまう方は、首回りの筋肉が固まるため、肩こりがひどくなってしまいます。

肩こりや腰痛が気になる方には、生薬や薬用植物系の粉末タイプの入浴剤、生薬を刻んだ入浴剤がおすすめです。
生薬には漢方が含まれているため、自然由来の成分で、身体の悩みを解決することができます。

生薬によって期待できる効果が異なるので、身体の悩みに合わせて選ぶといいですね。

肩こりや腰痛を改善するのにおすすめの生薬や薬用植物系入浴剤は
薬草湯 生薬浴用剤」です。

チンピ、センキュウ、ハッカ、ウイキョウ、サンシシの5種類の生薬とハーブのカミツレの天然成分が血行を促進し、肩こりや腰痛を緩和してくれます。
他の入浴剤とは異なり、袋を湯船に入れるだけ。計量しなくていいので楽です。

ただ、粉末や液体の入浴剤のように、お湯に溶けません。袋が破れると、掃除が大変なので注意しましょう。

薬草湯 生薬浴用剤の口コミ

自然の香りで癒される!
薬草の香りです。
自然の香りで癒やされます。
お風呂の色はやや黄色になります。
私が感じている効能としては、身体の血行が良くなり肩こりが少し楽になりました。
(湯船でストレッチすると効果倍増です)
Amazonより
体が温まる!!
漢方薬の香りがしますが、とても体が温まります。
節々の痛みも緩和された感じがします。
私にはとても良い商品です。
Amazonより

肌荒れを改善したい

空気が乾燥する冬、花粉が飛散する春先は、肌荒れに悩む方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

肌荒れが気になる方には、液体タイプの入浴剤がおすすめです。

液体タイプの入浴剤には、保湿成分がたっぷり含まれています。
お湯で柔らかくなった肌の角層内部まで、保湿成分がしっかり浸透するので、より高い効果が得られます。

また、手や足など、自分で見やすい部分はケアできますが、背中など、自分で見えない部分はケアが行き届きませんよね。
ケアが行き届かない部分も、入浴すればちゃんとカバーできますよ。

液体タイプのおすすめの入浴剤は
キュレル 入浴剤」です。

洗顔料や化粧水、乳液など、スキンケア用品も手掛けているキュレルの入浴剤。

スキンケア用品同様、保湿に重点を置いています。
セラミドの働きをサポートする成分が、肌のバリア機能を高めてくれます。
肌の弱い赤ちゃんにも使えるので安心です。

キュレル 入浴剤の口コミ

乾燥で痒くならない!
冬になると風呂上がりに肌が乾燥し痒くなっていましたが、これを入れたお風呂に入るとまったく痒くなりません。
冬の入浴の必需品です。
風呂上がりにしっとり、もちもちになるのでスキンケアとして年中使えます。
Amazonより
ボディクリームから変えて正解◎
冬のかゆみに悩まされて、ボディクリームを塗っていましたが、ベタつくのがイヤだなと思っていました。
ボディクリームより効果が弱いだろうと、全く期待しないで買ったこの入浴剤が一番効きました。
Amazonより

自律神経を整えたい

クーラーや暖房など、エアコンの風に長く当たっていると、自律神経が乱れやすくなり、夏バテや冬バテしやすくなります。

自律神経を整えたい方には、クール系の粉末タイプ、錠剤タイプの入浴剤がおすすめです。

メントール配合の入浴剤は、身体を温めながら、身体と心に爽快感を与えてくれます。

自律神経を整えるのにおすすめのクール系入浴剤は
【医薬部外品】バスロマン 入浴剤 スーパークールタイプ」です。

お風呂に入って身体を洗っても、お風呂から出るとすぐに汗をかいてしまう夏場。
サッパリした気分でお風呂から上がりたいですよね。

こちらの入浴剤は、血行を促進して、身体を温めつつ、メントールとミントエキスで爽快感を感じられます。

【医薬部外品】バスロマン 入浴剤 スーパークールタイプの口コミ

好みで量を調整できるのが嬉しい♪
風呂上りのさっぱり感はピカイチです。
毎年夏になると必ず購入しています。
小袋などに入っていないため好みで調整できるのもいいと思います。
Amazonより
スースーするのが気持ちい!
暑がりさんは、買う価値があるので、一度買うべきです。
入っていてスースー、気持ちいい。
出てからも、気持ちいい。
Amazonより
~私の体験談~
私には子どもが二人いて、上の子は肌が強く、下の子は肌が弱いです。
冬は肌が乾燥してカサカサになり、冬を過ぎると、皮脂のせいか発疹ができ、一年中、肌トラブルが起きています。

でも、ちょっとした肌トラブルや原因の分かっている肌トラブルで、病院に行くのは大変。

そこで、お風呂に入る時に、入浴剤を使ってみることにしました。
入浴剤を使って3日後には、肌がしっとりするようになり、粉を吹いていた肌が元通りに戻りました。
入浴剤は大人にはもちろん、子どもにもおすすめですよ。

スポンサーリンク

まとめ


入浴するメリットと目的別のおすすめの入浴剤を紹介しました。

入浴するメリットには、
・身体の冷えを改善する
・疲労を回復する
・血行を促進する
・睡眠の質が上がる
・心がリラックスする

などが挙げられます。

入浴効果を高めるために、入浴剤を使うのもおすすめです。
入浴剤のタイプや配合されている成分によって、期待できる効果は異なります。
ご自身の悩みに合わせて、お気に入りの入浴剤をみつけてくださいね。


 

スポンサーリンク
おすすめの記事