スポンサーリンク

赤ちゃんのお尻を拭くためのお尻拭きシート。お尻はもちろん、手や口元も拭くことができるので、子育ての必需品ですよね。

でも、赤ちゃんの肌を拭こうと、お尻拭きシートを手に取った時に、冷たくてビックリしたことのあるお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

お尻拭きシートが冷たいと、赤ちゃんがビックリしてしまうんじゃないかと心配になりますよね。

そんな悩みを解決してくれるのがお尻拭きウォーマーです。
お尻拭きウォーマーは、その名のとおり、お尻拭きシートを温める製品です。

お尻拭きウォーマーのメリットと使用期間、注意点やおすすめのお尻拭きウォーマーを紹介します。お尻拭きシートの温度が気になるお母さん、肌を拭く度に、赤ちゃんが不機嫌になって悩んでいるお母さんは是非、参考にしてください。

スポンサーリンク

お尻拭きウォーマーのメリット


先述したように、お尻拭きウォーマーはお尻拭きシートを温める製品ですが、お尻拭きシートを温めることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

お尻拭きウォーマーのメリットをみていきましょう。

赤ちゃんがビックリしない

赤ちゃんがうんちをした時に、お尻に付いた汚れを落とすために使うお尻拭きシート。
赤ちゃんは体温が高く、身体が温かいです。そのため、お尻に冷たいお尻拭きシートが当たると、ビックリしてしまいます。

「うんちをして、赤ちゃんがスッキリしていたのに、お尻拭きシートをお尻に当てた途端、ビックリして泣いてしまった。」
「赤ちゃんが暴れて、お尻を拭いたり、オムツを交換したりするのに手間取った。」
そんな経験はありませんか?

オムツを交換したら、手を念入りに洗わなければいけないので、手を洗い終えるまで赤ちゃんは泣きっぱなし。手を洗い終えたら、赤ちゃんを慌てて抱っこしてあやさなければいけません。

赤ちゃんのご機嫌が斜めになった理由が、冷たいお尻拭きシートにあるなら、お尻拭きシートを温めるのが一番ですよね。

難しい操作は必要ない

「ウォーマー」と聞くと、
「難しい操作が必要なのかな」
「操作方法を覚えられるかな」
と不安になるお母さんもいらっしゃるかもしれません。

でも、お尻拭きウォーマーの使い方はとても簡単

お尻拭きウォーマーにお尻拭きシートをパッケージのまま入れて、30分程度放置するだけで、お尻拭きシートが温まります。
あとは、お尻拭きウォーマーを開けて、お尻拭きシートを取り出して、いつものように、赤ちゃんのお尻を拭き取るだけです。

汚れを落としやすい

赤ちゃんがうんちをしていることに気付いたら、できるだけ早く汚れを拭き取って、オムツを交換するのが理想的。
でも、赤ちゃんがうんちをしていることに気付いてあげられなかったり、忙しくてオムツ交換を後回しにしたりすることもありますよね。

うんちをしてから時間が経つと、お尻にうんちが張り付いて、汚れが落ちにくくなります。
お尻拭きウォーマーで、お尻拭きシートを温めておけば、お尻にお尻拭きシートを当てた時に、張り付いたり、固まったりしたうんちが溶けて、汚れが落ちやすくなります。

汚れが落ちにくいと、お尻拭きシートで何度もお尻をこすりがち。
お尻をこする回数が多かったり、力が強かったりすると、肌とシートの間で摩擦が起きて、赤ちゃんの肌を傷つけてしまいます。

うんちが溶ければ、お尻拭きシートでお尻を優しくぬぐうだけで汚れが落ちるので、赤ちゃんの肌に負担をかけずに済みます

スポンサーリンク

お尻拭きウォーマーの使用期間


お尻拭きウォーマーの使用期間は、お尻拭きシートを使っている間だけです。
では、お尻拭きシートはいつからいつまで使うのでしょうか。

お尻拭きシートは生まれてすぐに使い始めます。
そして、いつまで使うかは、子どもがいつオムツを卒業するか、いつトイレでうんちをできるようになるかに左右されます。
早い子であれば、1歳半頃からトイレトレーニングを開始します。
中には、トイレでおしっこをできるようになる前に、うんちをできるようになる子どももいます。
でも、ほとんどの子どもは、トイレでおしっこをできるようになっても、うんちをできるようになるのはしばらく先です。

幼稚園に入ってからオムツが完全に外れる子どもが多いので、お尻拭きシートを使う期間は3年程度です

でも、春、夏、秋など、寒くない季節には、お尻拭きシートを温める必要がないかもしれませんよね。
つまり、お尻拭きウォーマーを使うのは、一年のうち11月頃から3月頃までの5ヶ月間程度。トータルで、15ヶ月間程度の使用となります。

スポンサーリンク

お尻拭きウォーマーを使う時の注意点

お尻拭きウォーマーを使う場合、先述したように、お尻拭きシートをパッケージのまま、お尻拭きウォーマーに入れて、お尻拭きシートを温めます。
使い方はとても簡単ですが、お尻拭きウォーマーに入れるお尻拭きシートは、市販のものであれば、何でもいいわけではありません。

取り出し口がプラスチックのパッケージのお尻拭きシートは、熱を加えると、プラスチックが溶けるおそれがあるので、お尻拭きウォーマーで温めることはできません。

トイレに流せるお尻拭きシートは、お尻拭きシート自体が柔らかいので、熱を加えることによって、お尻拭きシートが破れやすくなります。
お尻拭きシートが破れると、お尻の汚れを取るために、お尻拭きシートを何枚も使うことになってしまうので、非経済的です。

水分含有率が低いお尻拭きシートは、熱を加えることで乾燥しやすくなります。
お尻拭きシートが乾燥すると、汚れが落ちにくくなって、新たにお尻拭きシートを買う必要があるので、非経済的です。

お尻拭きウォーマーを使うなら、購入するお尻拭きシートがお尻拭きウォーマーにセットできるかどうか、サイズを含めて、事前に調べてから購入しましょう

おすすめのお尻拭きウォーマー

お尻拭きウォーマーは電気を使用します。
お尻拭きウォーマーには、電池式充電式など、種類があります。

自宅で使うのか、外出先で使うのか、自宅でも外出先でも使うのかなど、お尻拭きウォーマーをどこで主に使うかを考えて、自分にあったお尻拭きウォーマーを選びましょう。

私のおすすめのお尻拭きウォーマーは、「コンビ Combi おしり拭きあたため器 クイックウォーマー」です。

 お尻拭きウォーマーにお尻拭きシートをパッケージのままセットして、30分間放置すれば、赤ちゃんが心地よく感じる温度に温めてくれます。
下からではなく上から熱を加えるので、温まったお尻拭きシートをすぐに使用できます

また、お尻拭きシートの枚数が少なくなると、取り出し口に指を入れて、お尻拭きシートを取り出さなければいけません。
でも、このお尻拭きウォーマーには、パッケージを底から押し上げる機能がついているので、枚数が少なくなっても取り出しやすいです。

コンビ Combi おしり拭きあたため器 クイックウォーマーの口コミ

上の子に教わりました^^
おむつを替える時にギャン泣きするのですが、上の子が『お尻拭きが冷たいから泣くんだよ〜』と言ったので購入を決めました。

結果前ほどおむつ替えを嫌がらなくなりました。
ケチらず上の子の時も買ってあげれば良かったです。

親が勿体無い!要らない!と思っても子どもにとってはたかがおむつ拭きされどおむつ拭きなんですよね。

子どものことを考えるならこれから寒くなるので買ってあげようかなと悩む気持ちがあれば是非購入して赤ちゃんにより良い環境を作ってあげれればと思います。

Amazonより
汚れが良く落ち重宝してます
最後まで一枚ずつ取り出せ、すぐ温かくなり、おしりを拭かれるのが嫌だった娘も大人しく拭かれてます。

温まってる為か汚れもしっかり落ちるので上の子が手を拭くのにも重宝しています。

Amazonより

まとめ


お尻拭きウォーマーのメリットと使用期間、注意点やおすすめのお尻拭きウォーマーを紹介しました。

お尻拭きウォーマーのメリットは、
・冷たいお尻拭きシートに赤ちゃんがビックリしない
・難しい操作は必要ない
・汚れを落としやすい
などがあります。

お尻拭きウォーマーの使用期間は、お尻拭きシートを使っている間だけで、中でも、寒い季節だけ使うとなると、トータルで15ヶ月間程度です。

お尻拭きウォーマーを使うなら、お尻拭きシートがお尻拭きウォーマーにセットできるかどうかなど、サイズや仕様を事前に調べてから購入してください。

お尻拭きウォーマーの使用期間は15ヶ月間程度なので、「15ヶ月間のために、お尻拭きウォーマーを買うのも・・・」とためらうお母さんもいらっしゃるとは思います。
でも、赤ちゃんがオムツ交換の度にグズるなら、安い買い物になるかもしれません

赤ちゃんがオムツ交換の度にグズって困るお母さんは、お尻拭きウォーマーを試してみてはいかがでしょうか。


 

スポンサーリンク
おすすめの記事